Sat.29.07.06 よ〜く考えよ〜♪

時間は大事だよ〜♪…と実感しつつ、もう7月も終わっちゃうじゃあないですか。
誰ですか? 週1以上更新なんて言ったのは?

ホントにご無沙汰しちゃいました。
何をしていたかと言うと、毎度のことながら〆切りマラソンしてました。
ダリともなかなか遊んでやれず、ブラッシングすら3〜4日もサボッっちゃいました。
どっちみち、もはや日中は散歩もできない季節だし、ダリ自身も、暑さにヘバり気味だったんですが。

しかし、そんな中、ダリにとってせめてもの慰めは、オモチャが増えたことでしょうか。
増えたといっても1コだけで、それもダリのために買ったわけじゃなく、それどころか犬用ですらないんですけどね。

何かというと、アヒルです。
←コレ。あの保険会社の。
外交員(っていうんですか?つまり営業さん)の女性からもらったんですが、何がスゴイって、こいつ、歌うんですよ
手でギュッとつかむと、オルガンの前奏〜子供のコーラス〜アヒルの叫び(アフラッ〜ク)と、ひととおり歌う、というか、鳴る。
ひと目見たとたん、すごい勢いで欲しがっているダリに、鳴らして聞かせたもんだから、もう大変!
貸してやったら、さっそく丸ごと口に入れて、噛んで鳴らしてました。
それにしても、まさかダリの口から「お金は大事だよ」なんて聞くとは思わなかったな。
うん。わかった。大事にするよ。

…とまぁ、それはそれでダリも私も面白かったんですが、速攻で食いちぎり始めたし、犬用じゃないもんだから目がビーズになっていて飲み込むと危ないので、対策を講じましたよ。
袋状のヒモというか、ヒモ状の袋というか、とにかく袋に入れたわけです。
もともと何だったのかよく覚えていないんですが、ヘンな物ですね。長袖Tシャツの袖部分か、はたまた股引の脚部分だけが2つつながったみたいなモノで、たぶん一種のファッション小物でしょう。大昔、私が某女性誌の仕事をしていた頃の、撮影小道具の余り物です。
この袖口からアヒルを入れて、アヒルの両側を結べばできあがり。このあやしい膨らみを噛むと、「よ〜く考えよ〜」と始まります。
←しばらくは楽しめそうですよ。


7月18日
相変わらずベランダが大好き。

7月18日
ボサボサですな、ダンナ。
Tue.18.07.06 フロム・ミー・梅雨ぅ〜

ホントは日記書いてる場合じゃないような気もするんですが、トップページを微妙に更新した時、このページのリンクに「週イチ以上更新」なんて書いちゃったし。

最近テレビも両親が見ているのを横目で見るだけなので、世の中のことは、なんとなく曇りガラスをの向こうのぼんやりとした風景ってカンジでして。天気予報もろくに見ていなかったんですが…。
あ? ぼんやりしてるのはわたくしのアタマですか? しかも最近に限ったことじゃないですか? そうですか。そうですね。
ともあれ、先週はあまりの暑さに絶望しかけていたところ、うすら涼しい梅雨が戻ってきてくれました♪
雨ばかりだっていいんです。気温26度だなんて、先週の暑さに比べたら極楽ですよ。
先週は、気温37度&湿度85%くらいだったでしょうか。もうダリを連れてどこかへ逃亡しようかと思いましたからね。

あ、ダリですか? 元気ですよ。ほーら、こ〜んなに↓
でへへへ〜。こんなにでっかく載せちゃって、私もたいがい親ばかですね。
ってか、これ、先週Tさんが撮ってくれたんです。妹が小樽土産にくれたオルゴールに興味津々で、今まさにいじくりまわそうとしているところ。ダリの大好きなTさんもいるし、かなりゴキゲン指数の高い状態です。

Wed.12.07.06 むしむしむしむ死むぅ〜

なんだか壊れたタイトルですが、ともかく東京地方は蒸し暑いです。
私は中華マンかシュウマイかってくらい。
一昨日から、もうすっかりクーラー依存生活です。
家を改修したおかげで、外壁が厚く、断熱性がアップしたのでクーラーの効きが良いのはありがたい限りです。

あ、そうそう。ワールドカップ、その後(日本敗退後)ぜんぜん見てなかったんですわ。
ブラジルの試合は見るつもりでいたんですけどね。
ま、どうせ決勝はブラジルとどこかになるから、最後に見ればイイや〜なんて考えが間違ってましたね。

ところで、今月を乗り越えたら今年の夏はダラーッと過すつもりだったんですが、そうもいかなくなりそうです。
忙しくなることが不可避になったとたん、ダリとどこか涼しいところに行きたくなるのはどうしてでしょうね。

ともあれ、全国の犬のみなさん、この夏もがんばって乗り切りましょう。
飼い主が日中、散歩に連れ出そうとしても、理性を持って断りましょうね。

Thu.06.07.06 アイタタ・・・

もしかしたら腱鞘炎かも…というカンジで、昨日から左腕が痛いです。
いやいや、原因は、原稿の書き過ぎなどという立派なものではございません。
たぶん、フキンの絞り過ぎです。
母が妹と北海道に行っていた間、父は朝夕のダリの散歩を一手に引き受けてくれ、その間に私が慣れない食事の準備&片付けをしてました。
しかし、料理といえるようなものは何一つしなかったにもかかわらず、けっこう手間取るんですわ…というか、ほとんど1日中、台所と食卓を往復していたような気がする。
ただ切って盛り付けて並べるだけに近いんだけど、これがなんだかやってもやってもはかどらない。
ま、手際が悪いといったらそれまでですがね。これまで片付けのみ担当でしたからね。
フキンを洗うなんてことも、普段からやっていることなんですが、たぶんムキになってたんですね。
台フキンのうち1枚が、絞って&すすいでを何度くり返しても濁った水が出るもんで、意地でもキレイにしてやろうと。これはもう家事というより、フキンと私の間の問題だと…。

母が元気で帰ってきた時は、正直ホッといたしました。


6月30日
母が出発した日の昼ゴハンは冷やし中華。もちろん乾麺にスープ付きの、母が買い置きしておいたセットです。唯一手をかけたのは錦糸卵のみ。それにキュウリとチャーシューを千切りにして乗っけただけですが、見た目はそれらしいでしょ? この手のメニューは、一人暮らし時代から、まぁまぁ慣れてるんですね。

7月1日
リビングから階段へのトビラにちょっとでもスキマがあると、鼻ヅラで開けて階段を上がってしまうダリ。なぜか2階に上がるのが大好きなんだけど、自分じゃあ降りられないんだよね。いつもダリなりになんとか降りようとトライするものの、このように1段目で凍結してしまうのだ。
Sat.01.07.06 読むべし!笑うべし!怒るべし!

今月のスケジュールは軽くヤバそうだってこと、薄々わかってはいたんですがね。
気づかないフリしていたところ、今日の打ち合わせで直視せざるを得なくなりましたよ。
なにとぞよろしくお願いします→関係者各位。
多少の退屈は耐えるように→ダリ。


とにかく、コレだけはお伝えしておきたいってことで、オススメ本のお知らせです。
←あの、世間を震撼させた大ベストセラー『ブッシュ妄言録』が不死鳥のごとく蘇りました!
かつての出版元だったペンギン書房がナニしたおかげで絶版の憂き目にあっていた名著が、最新ブッシズムや新趣向(ライス長官をいぢり倒した笑撃のコンディマンガは必見!)を加えて、みごと復刊したのです。
これまで出版された2冊から選りすぐられた特選ブッシズム…アメリカ大統領ジョージWブッシュの妄言の数々は、目を疑い、そして目を覆いたくなるほどヤバイ!
翻訳家であり、愛犬家であり、そして自他共に認めるジョージの名ストーカーである村井理子さんにしかなし得ないグレートな仕事です。
とにかくジョージのおバカ加減に笑っちゃう。しかる後、こ〜んなおバカが世界を引っ掻き回しているのかと背筋が寒くなる。
そしておのずと、サンキュー・アメリカンピープル・フォー・ラブミーテンダーなんつって悦に入ってるどっかの首相や仲間たちに猛烈に腹が立ってくる!
言っときますが、カフェや電車の中で読む時は要注意ですよ。
『ブッシュ妄言録ーブッシュとおかしな仲間たち』
村井理子・編/二見書房刊/文庫版/630円(税込み)
●●●●●●●●●●●●●

>To Page Top ページトップへ戻る